スポンサードリンク

冷え性とツボ療法

女性の大きな悩みのひとつに手足の先が冷たいということがあります。夏で額には汗が流れているのに、手足は冷たい、と訴える人は案外多いのです。しかも女性に多いのが特徴です。東洋医学では、冷えは、肝経(かんけい)と腎経(じんけい)という特定の経絡に気血のとどこおりがあることによって起こるとされます。

そのため、治療にあたっては、これらの二つの経絡に所属するツボを中心に治療を進めます。腎経では、足ツボの湧泉(ゆうせん)と太けい、肝経では、やはり足ツボの太衝(たいしょう)というツボを刺激します。さらに足の三陰交(さんいんこう)も効果があります。足ツボ以外では、おなかの中かん、背中の肝愈(かんゆう)も補助的な効果が期待されます。

一方、冷え性とは逆の症状である、ほてりを感じる女性も多いです。なかには冷え性であり、かつほてりもあるという人もいます。まったく正反対の症状にみえる、冷え性とほてりですが、いずれも血液の循環がスムーズにいっていないことが原因であることに共通しています。ほてりの場合にも刺激するのは同様のツボとなります。

足ツボを丹念に指圧するほか、しょうが灸を毎日続けるのも効果があるといわれます。冷え性解消のためには、日常生活のなかで足をよく動かすようにしましょう。足首を回したり、青竹踏みをするのも足の裏全体にわたる足ツボをまんべんなく刺激するのに絶好の方法でしょう。


スポンサードリンク